HOME>節電のための取組

学校周辺地図
1 場所による取組
 @ 教室
   ・ 基本的には、全灯点灯する。ただし、天候や明るさによって教室の一部(前後)を消灯する。黒板等は、こまめに消灯する。
 A 体育館
   ・ その日の天候や明るさによって判断するが、晴天時で明るいときは点灯しない。点灯する場合も基本的に点灯を半分にする。
 B 特別教室
   ・ 明るさや必要に応じて灯数の調整をする。(教室と同様)
 C 廊下や階段
   ・ 晴天時は消灯する。雨天時で暗いときには、明るさに応じて点灯を半分にする。
 D トイレ
   ・ 使用時(休憩時)以外は消灯する。
 E 職員室・事務室・保健室
   ・ 職員室・保健室は、部分照明に心がける。保健室のベッドエリアは電灯を間引く。事務室は電灯を間引く。

   ※ 放送委員会の児童が、給食終了時などに放送で呼びかけています。


2 時間帯による取組
 @ 教室未使用時の消灯の徹底。
 A 晴天時の中休み・昼休みの教室消灯。
 B 放課後の教室消灯。(必要なときは部分点灯)


3 確認事項
 @ 節電の意識を高めるための学級での指導を行う。
 A 当番や日直など、電気の担当を決めて児童の取組を推進する。
 B 節電とともに節水に努める。また、植物などへの水やりについての指導をする。
 C 自宅と同じ意識で取り組む。