HOME>おはなしの森




霧丘小学校 図書ボランティア  
おはなしの森       「おはなしの森」のウェブページはこちらです。


2017年度 1月 霧丘小学校 おはなし会プログラム                                   

〜霧ヶ丘おはなしの森〜

E:絵本、S:ストーリーテリング、P:紙芝居、大型絵本

 

 

116日(火)霧丘小学校昼休みおはなし会

@詩:ひとくち童話「おもち」

「ひとくち童話」   より/東君平/フレーベル館

APE:ぼくんちのゴリ

笠野 裕一 作/福音館書店

BE:わらべうた“おおさむ こさむ”“かれっこやいた”

瀬川 康男 作/福音館書店

CE:てぶくろ(ウクライナ民話)

エウゲーニ・M.・ラチョフ 絵/福音館

DE:わらべうた“あかえんこ しろえんこ”

瀬川 康男 作/福音館書店

本の紹介

@ABCDの紹介

 

1月24日(水)3時間目 3年2組 ブックトーク

1月25日(木)2時間目 3年1組・5時間目 3組 ブックトーク

ブックトーク テーマ「道具のお話」

E:『どうぐ』かこさとし 作 / 瑞雲社

E:『あかてぬぐいのおくさんと7人のなかま』イ・ヨンギョン 作 / 福音館書店

S:あたまをつかった小さなおばあさん』ホープ・ニューウェル 作 / 福音館書店  より

「おばあさんがたった一本のこったマッチをだいじにした話」

F:『つくも神』 伊藤 遊 作 / ポプラ社

『子どもに語る日本の昔話A』・『子どもに語るグリムの昔話A』/ こぐま社 より 

「文福茶釜」        「かえるの王さま」

F:『妖怪一家九十九さん』 富安陽子 作 / 理論社

  『妖怪一家の夏まつり』『ひそひそ森の妖怪』

E:『しんすけくん」  谷川俊太郎・文 / 大久保千広・写真 / サンリード

 

※ 3年生に問題を出しました。調べてきてもよいからと宿題にしました。さて、全問正解できるでしょうか?

 

昭和50(ごろ) →  現 在(お(さつ)肖像(しょうぞう)を調べてみましょう)

1万円札 聖徳太子 

5千円札

千円札



本校における「おはなしの森」の活動

     
1 昼休みの読み聞かせ(原則として)毎月1回 
       
図書準備室には畳が敷かれているので、子どもたちはゆっくり座って聞くことができます。
今年度は、大型絵本を使っての読み聞かせもしています。
2 各学級での読み聞かせ
  (20分程度で行う場合と、45分で行う場合があります。)
           
3 図書室での読書支援・図書室の環境整備 4 毎週木曜日の朝、1年生各学級での読み聞かせ

 
5 「子ども読書の日」(毎年4月23日)での読み聞かせ
      
「子ども読書の日」には、2年生に読み聞かせを行っています。2年生が興味をもちそうな絵本を選んでいます。
6 おわかれおはなし会(6年生)
  3学期に、6年生の卒業を祝って、おはなし会を実施します。