平成28年度          学 校 経 営 方 針

北九州市立城南中学校

校 長 池 浩幸

学 校 教 育 目 標
【 校 訓 】  自 律 ・ 勤 勉 ・ 礼 儀
【 教育目標 】 生徒一人一人の個性や能力の伸長を図り、
知・徳・体の調和のとれた心豊かな人間の育成に努める

※ 心の育ちの推進、確かな学力の向上、健やかな体の育成
(北九州市子どもの未来をひらく教育プランより)

学 校 経 営 の 基 本 方 針
「 共感と協働 」

・人間尊重の精神を基盤としながら生徒と正面から向き合い、教師一人一人が教育者としての使命感に燃え、
  専門性や特技、持ち味を生かしながら共通理解のもとに創造的な教育活動を推進する。

・基本的な生活習慣の確立、社会で適応できる規範意識の育成、基礎学力の定着を目指す。

・全教職員の共通理解のもと学校が組織体として機能することを第一として、人間性豊かで行動力のある
  教師・活力のある生徒・清潔で整った教育環境等の醸成に努める。
・生徒・教師・保護者が信頼で結ばれ、地域や関係機関との連携を密にしながら、開かれた特色ある
  学校づくりに努める。
 めざす生徒像  「礼儀正しく自然体であいさつができる生徒、
自他を思いやり大切にする生徒」
社会の一員としての自覚と責任をもち、望ましい人間関係を確立しようとする生徒
自ら学び、自ら考え、自分の目標に向かって努力する生徒
きまりを守り、善悪を正しく判断し、責任を持って行動することができる生徒
思いやりの心をもち、相手の立場に立って考え、場に応じた優しい言葉かけや行動がとれる生徒
感謝の心をもち、清掃活動や奉仕活動に積極的に取組む生徒
 めざす教師像  「使命感にあふれ、子どもへの教育愛に満ちた教師」

・優しさと厳しさを兼ね備え、優れた指導力を持つ教師
・愛情ある指導で、生徒・保護者・地域から信頼される教師
・「教えるプロ」として専門性を高め、幅広い教養と識見を身につけるため、 自主的・主体的に研修に努める教師
・常に危機管理意識をもち、誠意ある対応と迅速な行動がとれる教師
・常に危機管理意識をもち、誠意ある対応と迅速な行動がとれる教師問題を一人で抱え込まず、仲間と協力しながら物事の処理に
 当たる教師(チーム城南)

本 年 度 の 重 点 目 標 

(1)基礎的・基本的な内容の確実な定着を図り、確かな学力を育成する
  ○ 学習習慣及び基礎的・基本的な内容の確実な定着を図る。
  ○ 教材研究はもとより、指導内容・指導方法を工夫改善し、生徒の学習意欲を高めるための「わかる授業」を実践する。
  ○ 基礎学力定着の取組を充実させる。(やればできた、わかったから自尊感情を高める。)
 ※ 朝自習コンクールや週末課題、でるでる問題等の一層の充実で、向上心に火をつける。

(2)将来の夢や展望を抱き 自己実現をめざす「生徒指導」と「進路指導」の推進
  ○ 生徒の安全・健康に対する意識を向上させるとともに、安全指導を充実させ、危機管理体制の充実を図り、生徒の健康管理及び
   学校管理下での事件・事故等の防止に努める。
  ○ 積極的な生徒指導を柱として、全教職員n共通理解のもと、専任生徒指導主事を中心とした校内での指導体制を確立し、組織的
   かつ迅速な対応に努める。また、教師と生徒、生徒相互の好ましい人間関係づくりに努める。
  ※ <鮮度が命>「その日にあったことはその日に処理する」を原則とする。
  ※ 割れ窓理論(ブロークンウィンドウズ)「破損箇所は速やかに修理する」を原則とする。

  ○ いじめや不登校の問題、その他問題行動等の早期発見・早期解決のために、教育相談活動を充実させ、家庭・地域・関係機関との
   適切な連携を図る。また、生徒の健全育成を目指し、薬物乱用防止、性に関する指導等の充実を図る。

(3)心の教育の充実をめざす「道徳教育」と「人権教育」の推進
  ○ すべての教育活動を通じて道徳教育の充実を図り、道徳的勝ちを深め道徳的実践力を育てる。
  ○ 人権意識を高揚させ、確かな人権感覚を身につけさせる人権教育を実践する。
  ○ いじめや差別を見逃さず、自他を大切にする人権意識の育成と教育相談の充実を図る。
  ※ <いじめ>については「人間尊重として絶対に許されない(ゼロトレランス)という認識に立ち、人権確保にむけ学校をあげて即日
   対応で取り組む。

(4)「体力の向上及び健康で安全な生活を送るための「健康教育」の推進
  ○ 健康や安全に対する意識及び体力の向上を図り、事故等の防止に努めようとする態度を養う。
  ○ 食育を通じて、心身ともに健やかな発達を図る。

(5)社会に適応できる規範意識を育てる「特別活動等」の推進
  ○ 学校行事や部活動等を通して、生徒一人一人の個性の伸長を図る。
  ○ 自らの生き方を考え、主体的に進路を選択し、自己実現を図る能力や態度を育成する。
  ○ 自然体験、社会体験、ボランティア活動等を通して、幅広い見識や豊かな心を培う。

(6)生徒一人一人の教育的なニーズに応じた「特別支援教育」の推進
   ○ さまざまな心身の障害を理解し、個に応じた適切な指導及び必要な支援を行う。
   ○ 一人一人の特性に応じた指導を推進するため、特別支援教育コーディネーターを中心とした校内支援体制を確立し、個別の指導計画に
  基づいた指導の充実を図る。   
(7)保護者・地域に信頼される「特色ある学校づくり」の推進
  ○ 広報活動を充実させ、学校のよさを広く知らせる。
  ○ 施設・設備の充実を図り、美化活動の推進に努める。(花いっぱい運動、合同清掃活動)
  ○ 職員相互のよりよい関係を構築し、明るく元気な職場環境の醸成を図る。(チーム城南)
  ○ 小中一貫・連携教育のさらなる充実を図る。
日常の構え 
(1)当たり前のことが当たり前にできる生徒の育成を目指す。 
  ○ 是は是、非は非(看過・体罰に頼らない)
  ○ 緊急指導時は、できるだけ多くの職員集団であたる(単独はトラブルのもと)
  ○ 「やるときにはやる、やればできる」城南魂の推進(自覚と誇りの醸成)
(2)学校が心の居場所となり、生徒が安心して学習できるような環境づくりを推進する。
(3)教育公務員としての服務・身分上の業務の厳守を心がける。
(4)TPOに応じた服装や言動に心がける。
授業規律の確立→学力向上     規則順守→生活習慣の確立    共通理解→秩序の維持
無理せず・あせらず・根気よく・・・
  

昭和31年

 4月

小倉市立企救中学校から分離、現在地に開校(城野中学校)

昭和31年

 5月

北九州市立城南中学校と改称(生徒数315名、職員13名)

昭和35年

 12月

新校舎竣工式(鉄筋3階建、6教室、トイレ)

昭和36年

 11月

創立5周年 文化祭

昭和37年

 11月

陸上部 男子3000mで日本記録樹立(9分18秒4)

昭和38年

 9月

運動場の整地完了

昭和39年

 5月

第三期校舎建築工事完了

9月

東京オリンピック聖火通過(生徒伴走)

11月

北九州市立中学校駅伝大会 優勝

昭和40年

 11月

北九州市立中学校駅伝大会 優勝

昭和41年

 10月

創立10周年記念式典

昭和42年

 3月

菊陵中学校藍島・馬島分校閉校

昭和43年

 4月

ひびき寮が開設され、現在藍島からの寮生が在学中

昭和45年

 4月

第四期校舎建築工事完了

11月

創立15周年記念並びに体育館落成記念式典

昭和46年

 9月

同和教育推進教員配置

運動場東側埋立整地工事完了

3月

第五期校舎建築工事完了

東側ブロック塀完成

昭和47年

 2月

第六期校舎建築工事完了

昭和48年

 8月

第七期校舎建築工事完了

昭和52年

 8月

女子卓球部全国大会出場

10月

視聴覚室竣工

平成 3年

 8月

野球部全国大会出場

平成 4年

 10月

大規模改修工事完了(第一期)

平成 6年

 8月

女子バドミントン部 全国大会個人第3位

平成 7年

 9月

スクールカウンセラー配置

平成 8年

 3月

プール新設工事竣工

平成 9年

 3月

ひびき寮30周年記念式典

平成10年

 9月

やすらぎの部屋相談員事業スタート

平成11年

 8月

リコーダアンサンブルコンテスト 北九州大会 三重奏の部 金賞

平成12年

 8月

リコーダアンサンブルコンテスト 北九州大会 三重奏、四重奏の部 金賞

平成13年

 2月

インターフォンの設置工事開始

平成14年

 2月

野球部 久保田賞受賞

平成15年

 4月

「北九州 放課後教室」 事業開始

平成16年

 12月

学校施設グレードアップ事業工事開始

平成17年

 5月

【散歩したくなる小道づくり】正門横の花壇に地域住民と花植え作業実施

7月

【モリディブの子どもたちと音楽を通した国際交流】楽器寄贈

10月

創立50周年式典

12月

2005ドリーム広場 「城野のまちで第九を歌おう」 参加

平成18年

 7月

 校舎外壁工事

平成19年

 2月

 教育用コンピュータ整備 (校内LAN整備)

5〜2月

文部科学省 表現教育推進事業

6〜3月

市教委 校区ファミリー事業 (小中連携)

7月

ハートフルトイレ事業

平成20年

 2月

 プール漏水工事

3月

グランド防球ネット補強工事

7月

B棟改修工事、教室暖房工事

平成21年

 2月

 学校教育環境賞 受賞

6月

小学生の中学校体験実施

10月

学力向上ステップアップ事業 研究発表会

平成22年

 4月

 紫川あゆ放流祭り 参加

5月

小中教員交換授業

10月

学力向上ステップアップ事業 研究発表会

平成23年

 4月

 紫川あゆ祭り 参加

12月

「城野ドリーム広場」 音楽部出演

平成24年

 4月

 紫川あゆ祭り 参加

8月

リコーダーアンサンブルコンテスト 北九州大会 金賞

12月

「城野ドリーム広場」 音楽部出演

平成25年

 4月

 紫川あゆ放流祭り 参加

7月

「城野夏祭り」 音楽部出演 PTAバザー

9月

新校舎新築工事開始

12月

「城野ドリーム広場」 音楽部出演

平成26年

 2月

 ひまわり会(小中PTA交流会)

4月

紫川あゆ放流祭り 参加

7月

「城野夏祭り」 音楽部出演 PTAバザー

新築校舎 完成

8月

管理棟校舎 大規模改修工事 開始

3月

管理棟校舎、技術科室・夜間学級棟 完成

平成27年

 4月

 紫川アユ放流祭参加

5月

九重教育キャンプ(2年)

7月

子どもひまわり学級開級式

じょうの夏祭り 音楽部出演

9月

災害図上訓練J-DIG(2年)

10月

夢コンサート(太鼓)

12月

小中合同花いっぱい運動

1月

1・2年 北九州市学力テスト

3月

1年 門司港フィールドワーク  2年 若松エコフィールドワーク