学校長あいさつ

ようこそ到津小学校のホームページへ!

北九州市立到津小学校は、こんな楽しい学校です。

オヤニラミ豊かな自然や文化に恵まれた学校です!

 校区には有名な到津の森公園があります。また、八幡神社やいろいろな公園、絶滅危惧種のオヤニラミ等も棲息する板櫃川も流れています。
 この川では、4〜5月300匹の鯉のぼりを上げる「こいのぼりまつり」が開かれます。川の上を自由に泳いでいるこいのぼりをみると、この到津地域の力を感じることができます。また、こども文化の創造と発信をする「子ども文化会館」や多くの学校(大学〜幼稚園)もあり、北九州屈指の文京地区といっても過言ではありません。地域行事も1月のどんど焼きから10月の校区運動会まで、特色ある行事 が活況を呈しています。
 本校は、こうした恵まれた環境の中にあります。

古い歴史と伝統にはぐくまれた学校です!

 昭和6年4月1日開校以来、地域の熱い応援と協力に支えられて76年間の歩みを続けてきました。これまで、社会科・理科・算数科等数々の研究発表会を開催し、研究実績を重ねています。また、地域との双方向の交流も行い、板櫃川では、ホタルの放流をしたり夏休みのラジオ体操、校区運動会、そよ風祭り、昔遊び等の行事を積極的に行っています。もちろん、地域行事に多くの職員や子どもたちが参加しています。

男の子女の子子どもたちの笑顔が輝く学校です!

 このような地域を学びの糧として、また、地域とともに歩む学校として、学校教育目標を「確かな学力と豊かな心とたくましく生きる力をもった子どもの育成」と設定しました。そして、この目標に向い、「今日が楽しく、明日が待ち遠しくなるような学校」づくりを目指して、全職員が一丸となって子どもたちと共感・共汗して、様々な活動に取り組んでいきます。到津小の子どもたちは、とても素直で元気いっぱいです。すべての先生方は大きな愛情をもってこの子どもたちを温かく見守っていきます。
 このような到津小学校へぜひ、一度足を運んでみてください。お待ちしています。
                                         平成28年4月7日 校長 大庭 宏之

トップへ