ノーテレビ・ノーゲーム・チャレンジ週間の取り組み
                                              
学校全体で生徒の望ましい学習習慣を確立するために、今年度「ノーテレビ・ノーゲーム・チャレンジ週間」の取り組みをすることとしました。これは、生徒が学習時間を確保する上で、その障害となっている「テレビ、ゲーム、携帯メール」などのメディア接触時間を把握し、その時間を「家庭学習」や「読書(うち読)」などに少しでも変えていこうとするものです。