学校の概要




| ○ 門司区の北東部・新門司地区に位置し、周防灘や北九州空港を眺望
することができる風光明媚な伊川の高台にある。
校区は、豊かな田園が広がり、緑濃き山や竹林があり、野鳥等が群れ
る自然豊かで、静かな落ち着いた農村地域である。

○ 明治維新前に小倉藩の思永館学頭をしていた矢島伊濱(やじま
  いひん)氏が、 私塾「下学堂」を開き文教の礎を築いた。明治5年の
  学制制度により集成校として発足することになった。

  その後、猿喰小学校と合併、畑小学校と合併し松ヶ江第二尋常高等
  小学校となり校舎を伊川地区浜に移転、松ヶ江第二尋常高等小学校
  伊川分教場、松ヶ江北小学校伊川分校等幾多の変遷を経て、昭和49
  年現在地に新校舎が落成した。

  昭和53年4月、北九州市立松ヶ江北小学校伊川分校が本校から
  分離独立し、北九州市立伊川小学校として開校した。
 
 
   校地面積   14,393平方メートル

   運動場面積  6,300平方メートル

   普通教室   6教室

   特別教室   4教室

|
|
|
|
|
|    
|
学校概要