平成30年度 在籍児童数
平成30年4月26日現在

学級 男子 女子
1の1 11 19
1の2 11 19
2の1 16 13 29
3の1 13 22
3の2 12 10 22
4の1 10 18
4の2  10 19
5の1 11 13 24
6の1 15 14 29
6の1 16 14 30
ひまわり 
128 107 235

教員数 21名



学校経営方針
 1 学校教育目標   
 
豊かな心をもち、進んで学び、元気でたくましい子どもの育成
 
 2 めざす子ども像   
 
  「豊かな心」
(徳) 
 「元気でたくましい」
(体) 
 「進んで学ぶ」
(知) 
     
 いつも元気な子
元気に学び、元気に遊び、健康・安全な生活をする子ども 
ぼくもわたしも仲良く、優しい子
相手の立場になって考える、思いやりのある子ども 
   理想に向かって学び、はたらく子
意欲を持って取り組み、わかる・できる喜びを実践する子ども 
 
  3 めざす学校像
 
 ◆ 子どもが成長や価値を感じる学校

 ◆ 規則正しく、安全で楽しい学校

 ◆ 温かい信頼関係で結ばれた学校

 ◆ 研究や研修を通し謙虚に学び合う学校
 
 
 4 平成30年度経営の重点
 
   学校教育目標の実現に向けて、諸教育活動の目標・内容・方法の共通理解を図りながら、 教職員が一致協力して教育活動にあたり、本校の教育力をさらに高めていく。これまでの 慣習にとらわれることなく業務改善に取り組むとともに、施策や取組等、行政や民間を問 わず、小さな労力で成果の大きいもの、価値あるものについては積極的に活用や参加をし、 教育活動に生かしていくようにする。
 
 〇 井堀100年プロジェクトを実行する学校

  @ 気持ちのよいあいさつ(ほかほか言葉)

  A 人とものを大切にする(人権、いじめ、言葉づかい、適切な指導)

  B 寡働の徹底(もくもく掃除)
 
 〇 学力・体力をつける学校

  @ だれも見捨てない取組(人権教育・特別支援教育の充実)による
   学力と体力の定着
   〜一人一人にきめ細かな指導を行う全校体制の確立〜

  A 全校体制でのPDCAサイクルによる取組の推進

  B 指導力向上のための「よい授業」のイメージの共有と継続的な実践

  C 効率的なカリキュラムマネジメントの推進
 
 〇 ボトムアップを大切にした運営による学校組織の
  活性化と業務の効率化の推進


  @ 学校運営への主体的な参加による学校組織の活性化

  A 無駄を省き、先を見通した計画で教職員が一体となった取組の推進

   (ベクトルをそろえる)  ※ただし危機管理には、効率化はない。