学校長あいさつ

北九州市立星ヶ丘小学校
校長 矢野 庸平


        平成29年4月10日
 

北九州市立星ヶ丘小学校は、開校年15年目を迎えました。
 本年度は20学級、児童数607名になり、昨年に比べ児童数が減少しています。それでも八幡西区内小学校では児童数が多い学校です。

自主・自律・交流」を教育目標に、子ども達の持てる力が最大限発揮できるように学校経営に務めます。成果として、11年目を迎える「あいさつ運動」に自主的に子ども達が参加したり、ボランティアで「なかよし活動(いじめ防止)」を実践したりと、子ども達の自主性が伸びています。愛情豊かな家庭に育った、子どもたちの明るさ素直さを生かして、次の6点に力を入れてまいります。子ども達のために、保護者や地域の方のご協力をお願い致します。

 @ 子ども達が支え合う・・・あたたかくやわらかい雰囲気のある学級を育てる。 

 A 授業改善・・・言語活動の充実、言語による理解、思考、表現によって行われる
           学習活動。学力向上を目指した「スクールプラン」の策案・実施・
           検証・改善


 B 体力向上・・・北九州スタンダードカリキュラム(体育科)の完全実施
            「北九州市体力向上プログラム」の実践。持久走大会の取組。

 C 積極生徒指導・・・児童自らが主体的に活動する場面をできるだけ多く設定する。
              あいさつ、星ヶ丘スタンダードの徹底。


 D 人権教育・・・ 教師自らが、児童一人一人の良さを認め、いじめのない学校に
            する。

 E学校・保護者、保護者間の信頼関係の構築