北九州市立
東谷中学校


TOP
学校経営方針
学校紹介
学級数と生徒数
本校の校訓
年間行事
本校の沿革
学校の所在地
部活動
利用規約
環境教育
学校だより
学校評価
  いじめ防止基本方針
 全国学力・学習状況調査結果
学校紹介
 東谷中学校は、
北九州市小倉南区の最南端に位置し、
カルスト台地の雄大な自然をほこる
平尾台をはじめ、
自然いっぱいの校区である。
 平尾台は、1972年に
北九州市国定公園に指定された。
石灰地特有の植物が生える
なだらかな草原には、
羊が草を食むように
石灰岩塊が見えることから、
「羊群原」とも呼ばれている。
 校門をくぐると、
正面玄関の前に石碑があり、
本校のよき校風と伝統を築き、
受け継ぐための記念碑が見える。
「生 公」(せいこう)

 「生」は「生徒優先」の「生」。
生徒を大切にし、
生徒の持つ無限の可能性を信じて、
生徒を育てる。

 「公」は「取得公平」の「公」。
最も大切な生徒を公平、平等に取り扱う。
(三十周年記念)

 「創 守」(そうしゅ)

 科学技術の高度化、国際化、情報化と
社会はますます変化する。
したがって、これからの社会では、
思考力、創造力のある人材が求められる。
 温故知新=古きを訪ねて新しきを知る。
混迷の時代は、歴史に学べ。
これまでの文化・伝統を守り、
生かしながら未知なるものを創造する
「創守」の精神を提案する。
(五十周年記念)