日明小学校
 年 月          で き ご と               
明治  9  日明小学校 設立
明治 23  金田小学校開設と共に廃校
大正 11 11  児童の増加により板櫃尋常小学校より分校
大正 14  校名が日明尋常小学校となる
昭和 16  校名が小倉市日明国民学校と変わる
昭和 22  校名を小倉市立日明小学校と改める
昭和 38  校名を北九州市立日明小学校と改める
昭和 45  新校舎工事完成(木造校舎の全てがなくなる)
昭和 45  プールが完成(はじめてのプール開きが行われる)
昭和 53 10  ソニー理科教育論文最優秀賞受賞
昭和 62  第二グランド完成
平成  8 11  北九州市小学校特別活動研究大会実施
平成 13  コンピュータ教室設置(新型コンピュータ22台導入)
平成 13  学童交通安全運動実践優秀校優良賞受賞
平成 13 10  創立80周年を祝う
平成 14  社会福祉協力校の指定をうける
平成 14 11  学童交通安全運動実践優秀校優良賞を受賞
平成 15  北九州教育改革プラン始まる
 『低学年少人数学習』『北九州放課後なるほど教室』
 『「小さな国際人」育成事業』『「夏の教室」始まる』
平成 15 10  第40回北九州市小学校音楽研究会開催・授業公開
平成 16  第44回交通安全中央大会・全日本交通安全協会より表彰
平成 16 10  車椅子バスケットボール韓国選手団との交流・試合観戦
平成 17  車椅子バスケットボール選手との交流・試合観戦
平成 17 11  九州音楽教育研究大会・小学校部授業公開
平成 17 12  本校出身 原千晶さん(女優)との交流会
平成 18  映画撮影
平成 18  コンガラグビーチーム学校訪問
平成 18  2階廊下フローリング化
平成 18 12  竹馬・一輪車置き場新設
平成 19  パソコンを新機種に更新・倍増
 パソコン室と教室とのネットワーク化
平成 20  校舎耐震工事
平成 20  NHK合唱コンクール福岡県大会金賞
平成 21  NHK合唱コンクール福岡県大会銀賞
平成 21 10  音楽教育研究大会開催
平成 22  NHK合唱コンクール福岡県大会金賞
平成 22 11  学校大好きオンリーワン事業 音楽科発表会開催
平成 23  第一回北九州市ふるさとカルタ大会 優勝
平成 23  NHK合唱コンクール福岡県大会金賞
平成 23 11  創立90周年記念式典
平成 23 12  学校大好きオンリーワン事業 音楽科発表会開催
平成 24  図書室エアコン設置
平成 24  校舎外壁改修工事終了
平成 24  学校給食民間委託業務始まる
平成 24  全市音楽科主任研修会(授業公開)実施
平成 24  NHK合唱コンクール福岡県大会 金賞受賞
 NHK合唱コンクール九州ブロック大会 銅賞受賞
平成 24  九州合唱コンクール九州大会 金賞受賞
平成 24 10  福岡県発明工夫展 学校賞受賞
平成 24 11  学校大好きオンリーワン事業 音楽科発表会開催
平成 24 12  子ども音楽コンクール西日本優秀校音楽会 優秀賞受賞
平成 25  第三回ふるさとカルタ大会 優勝
平成 25  学校教育論文(音楽科) 金賞受賞
平成 25  特別支援学級「ひあかり三組」新設
 国立教育政策研究所より教育課程研究指定校の委嘱を受ける
 北九州市小中一貫・連携教育の開始
平成 25  市制五十周年「全国ホタルサミット」にて、本校合唱部演奏
平成 25  NHK合唱コンクール福岡県大会 金賞受賞
 NHK合唱コンクール九州・沖縄ブロック大会 銀賞受賞
平成 25  九州合唱コンクール九州大会 金賞受賞
平成 25 11  市制五十周年 北九州市のシンボルツリー「いちいがし」植樹
 熊本県玉名郡長洲町より
   日本で唯一の金魚の振れ売り師 浦島義弘氏来校

 学校大好きオンリーワン事業 音楽科発表会開催
平成 25 12  「嘉代子桜」の植樹(温室横)
 子ども音楽コンクール西日本優秀校音楽会 優秀賞受賞
平成 26  合唱部「福原賞 団体の部」受賞
平成 26  学校教育論文(音楽科) 銀賞受賞
 日明小学校は大正11年11月、板櫃尋常高等小学校(清水校)から分かれて、228名の児童数で開校した。
 開校当時木造平屋だった校舎は、昭和になって木造二階建に建てかわった。
 昭和25年児童数1701名をピークに、現在(平成24年)、18学級562名で創立91年目を迎える大規模校である。
 学校は北九州市小倉北区の北西部に位置し、小倉中心部に近く、東に板櫃川が流れ、北に響灘を望み、交通の便も良く恵まれた環境である。
 校区周辺には、古墳時代の遺跡をはじめ、「小倉祇園太鼓」(県無形文化財)などの歴史的文化遺産も数多く見られる。昔からの校区住民と新興住宅地に住んでいる人が互いに交流を図り、地域活動も活発である。
 また、本校は、永年、理科教育や視聴覚教育の研究を続けてきた。更に平成8年度から特別活動の研究に取り組み、子どもの自発的・自治的な活動の育成に力を入れてきた。
 さらに平成18年度より「学校大好きオンリーワン事業」推進校として、北九州市教育委員会より委嘱を受け、音音楽科教育の拠点として現在まで研究に励んでいる。
 このような恵まれた環境のもと地域の特性を生かし、保護者・地域住民とが一体となって21世紀を生きる子ども 「確かな学力と豊かな人間性を兼ね備えた自立心旺盛な児童」を育成している。