特色ある学校づくり     教育課程     沿革

令和元年度 学校経営方針

【本市教育目標】
思いやりの心を持つ、自立した子どもをはぐくむ


令和元年度学校教育目標


             「自主・自律、協同、友愛の精神を自分の行動に生かし、
                未来をたくましく生きぬく心豊かな生徒の育成を目指す」
長期目標:生徒の心を豊かにし、社会的自立を促すために規則の尊厳や社会集団の秩序を学ばせて行く。
短期目標:中学校卒業の進路を自ら決定する力(学力)を身に付けさせていく。


 <目指す学校像>
  • 教師と生徒、生徒相互が信頼関係で結ばれ、自己存在感や成就感を実感できる学校
  • 明るく活気に溢れ、すべての生徒が生き生きと安心して生活できる学校
  • 清潔で美しく、落ち着いた環境で学習や活動に集中できる学校
  • 保護者・地域と連動しながら開かれた学校づくりを推進し、郷土に愛され信頼される学校
 
<目指す生徒像>
  • 自ら考え、正しく判断をし、責任もって行動できる生徒(自主・自律)
  • 互助の精神をもって、社会・公共のために、広い視野で行動できる生徒(協同)
  • 自他を敬愛し、心の交流のできる生徒(友愛)
  • 明るく挨拶をし、向上心溢れる生徒
  • 学校(学級)を大切にし、美しい環境(生活環境、学習環境)づくりのできる生徒
  • 自他の生命を大切にし、相手を思いやり、人の心の痛みや優しさを素直に感じ取れる生徒
 
<目指す教師像>
  • 教育公務員としての使命を自覚し、自己研鑽に努める教職員
  • 教育的な温かさと厳しさに溢れ、責任ある態度と教育実践で保護者、地域から信頼される教職員
  • すべての教職員が一丸となり、常に行動連携をとる姿勢を見せることで生徒を魅せる教職員集団

            ☆令和元年度 学校経営「基調方針」
               <中間層が正義派生徒となる指導の実現>
           全ての教育活動、学年・学級活動で、特に、中間層(2・6・2)への以下の指導を意識する。

            ① 部活動生徒を中間層の核となる生徒として位置づけ、基調方針に基づいて指導する。
            ② 生徒会活動及び班長会等の学級活動による自治活動に力を注ぎ、中間層生徒が常にステップアップを目指すように
               するとともに、荒れにつながる言動に対しては生徒の自浄能力がはたらくよう、基調方針に基づいて指導する。
            ③ 年間指導計画に生徒の「心の育ち」に繋がる原体験となるよう、豊かな体験活動を仕組む。
               その際、ESDの視点に立った「心の育ち」を意識して、生徒の心に訴えるよう指導する。



TOP