環境学習

花咲くまちづくりとこころのふれあいを大切にする環境への取組

  悪事を許さないという気持ちからはじまった環境への取組
   過去、校舎への破壊やいたずらが多く、生徒会の呼びかけで始まったのが「一人一鉢運動」でした。
   汗を流して作った花壇だからこそ、自分たちで学校をどうしたいかを真剣に考えるようになり、学校を大切に思う気持ちも増し、
   誰も物を壊さなくなりました。 今では花いっぱいの学校が生徒たちの自慢で、先輩から後輩へ受け継がれていく伝統となり、
   校内から地域へと活動が広がっています。

<以下、生徒会による「平成20年度 環境首都・なごや子ども環境会議」発表内容(抜粋)>


1.心をこめて愉しんで続けていくことを大切にしたい
  一人一鉢の花づくりは年3回行い、日ごろは全学級の班ごとに毎週月曜日と木曜日の放課後に、水遣り・摘心・追肥などの活動をしています。


2.中学生から地域への発信、環境にやさしい「花咲くまちづくり」
 昨年の受賞をきっかけに、本当に「花咲くまちづくり」をしようと取組が進 化しました。 歩道横などの雑草が生い茂った場所へ、花を地植えに行 きます。春はノースポールを植えましたが、今夏は北九州市の花「ひま わり」を植えました。 現在、市民センター、郵便局、門司港駅、コンビニ 等に置いていただき、枯れたとの連絡があれば花の交換にも行ってい ます。
また、中学校区の小学1年生を招き、花植え作業もしました。一緒にプランターを持って校区内を回り、施設やお店などに置いてもらいました。


3.私たちが学んだこと―出会い・協同・みらい
 私たちが花を植えていると、お年寄りの方々がすぐによってきて「ありが とう」とか「ご苦労さん」とかねぎらいの言葉をかけてくれます。 また、地 域の方から「中学生が植えた花だから枯らしてはいけん、水やっとくか らね。」とか、お礼や感謝の声がたくさん届いています。
 この花咲くまちづくりで、地域の方とふれあうことができるようになり、と っても気持ちがいいです。 今まで地域といっても実感できなかった人と 人との交流や人間的なこころのふれあいができました。
 私たちは、最初はこんなことができると思っていませんでした。この取組 から未来の環境づくりへの楽しみを味わうことができました。 こうした体 験をまた次の「できること」につなげていきたいです。
  
     


    

 

一人一鉢花いっぱい活動花咲くまちづくり活動
■花咲くまちづくりコンクール(H19~H26 8年連続受賞)


わが街わが校の環境  作戦活動報告