学校の概要
   永犬丸西小学校は、昭和47年4月に開校しました。今年度で創立49年目を迎えます。八幡西区の西部高台を開発した住宅地に位置し、校区の南西側を中間市に隣接しています。学校の周辺に自然が多く残されており、平成12年度から学校の敷地に隣接している里山を総合的な学習の時間や生活科・理科の学習の場として生かしています。市や県の施策事業を活用しながら整備等を実施しています。令和元年度は、展望台までを整備しています。
 平成20年度から、主題研究を国語科として取り組み、学習指導の在り方の研究を深め、子どもたちの学力向上を図っていてます。
     中心は「永」「西」の字の図案化。外型は北九州市章の梅の花で、冬の風雪に耐え、花開く強さと清純さと、北九州市の西端に位置することを表し、梅の花の「雄しべ」は、先生と児童の勉学の成果を象徴している。菱形は四方へ伸びる学校の向上発展を力強く示している。         
校章デザイン  江口 蔀

           

   学校教育目標
   「よく考え 健康で たくましい 心豊かな子どもの育成」
   
   めざす学校像
  〇子どもの主役となる明るく楽しい学校
           
〇確かな信頼で結ばれた学校         

〇保護者や地域に開かれた学校

〇研究・研修を通し、教師集団が学び合う学校

   
   
  ●自ら学び、自ら考え、自分の考えを表現する子ども

●元気に遊び、進んで運動に取り組む子ども

●命を大切にし、相手の立場にたって考える思いやりのある子ども

   
   
   「子どもの学ぶ力を伸ばし、心の豊かさを育む学校教育の創造」

    〜永西小の子どもをすべての教職員で育てる「チーム永西」〜

  @ 教職員相互で、永西の子どもを育むための情報交換・共通理解を図りながら学校の教育力を高める
A いじめ防止教育の推進 〜特別の教科道徳と支持的風土のある学級経営の充実〜
B 特別支援教育の充実 個別の支援計画・指導計画に基づく指導支援の充実
C すべての子どもが分かる・できる喜びを味わう主体的で対話的で、深い学びを目指す授業改善
D あらゆる教育活動を通して、人権意識の高揚と人権感覚の育成に取り組む
E 安全教育、防災教育の充実