校長あいさつ

 

本校は、平成13年4月に旧枝光中学校・枝光北中学校が統合し、枝光台中学校として開校した新しい中学校です。その後2年間、旧枝光中学校校舎を仮校舎として学校生活を営んできましたが、平成15年4月、旧枝光北中学校跡地(北九州市八幡東区枝光五丁目8番1号)に完成した待望の新校舎に移転し、新たなスタートをきりました。
 この新校舎は、限られた敷地を有効に使いつつ、様々な最新の施設・設備を備えております。コンピュータ室と図書室を一体化し、学習センターとしての機能を持っています。また、新しいコンピュータを校内LANでつなぐことができるように設計されており、各教室からインターネットで情報の発信や収集ができます。また、校舎屋上のプール、図書室とコンピュータ室の屋上にある洞海湾を一望できるテラス、運動場横の観戦用スタンド、面積の広い窓、明るい室内、広い廊下等々、他校には例を見ないものばかりです。
  平成29年度は、生徒数200名、普通学級7、特別支援学級1でスタートいたしました。本校の校訓は、「邂逅・自律・創造」です。これには様々な人や物事との出会いを通して、新たなものを生み出していくことを生徒、教師全員の喜びとしつつ、日々前進する学校でありたいとの思いが込められています。
 教育目標は、「校訓『邂逅・自律・創造』の精神をもとに、知・徳・体の調和のとれた人間性豊かな生徒の育成を目指す。」です。この目標の達成を目指し、実効性のある本校独自のスクールプランを策定し、全職員が一人一人の責任を果たしながら、生徒を育んで参ります。
 また、目指す生徒像として、次の五つを掲げています。

 ○礼儀正しく、規律ある生徒(あいさつ、返事、言葉遣い、清掃、身だしなみ)
 ○基礎的・基本的な知識及び技能を習得し、自分の個性や適性を伸ばそうと努力する  生徒
 ○深く考え、正しく判断し、責任ある行動を実践できる生徒
 ○自他の生命や人権を尊重する思いやりの心を持つ生徒
 ○将来の夢や目標を抱き、自らその実現に向けて努力する生徒
 このような生徒の姿の実現のために、学校、家庭、地域の連携を図りながら取り組んでいきたいと思います。

今後とも、清潔で落ち着いた環境を整備し、明るく活気にあふれ、生徒・教師が生き生きと安心して過ごせる学校を目指します。そして、何事にも全力で一所懸命に取り組み、心やさしい子どもたちに育つよう教職員が一丸となって取り組んでまいります。どうぞご協力よろしくお願いします。

 校  長   毛 利   浩