年度 児童数 学級数 年度 児童数 学級数
昭和 40 108 6 平成 元年 29 3
41 77 5 2 32 4
42 77 4 3 35 4
43 71 5 4 33 4
44 51 5 5 31 4
45 52 5 6 32 4
46 52 5 7 33 4
47 52 4 8 29 4
48 42 3 9 24 4
49 37 3 10 24 4
50 46 3 11 19 4
51 41 4 12 20 4
52 34 3 13 22 4
53 33 3 14 17 4
54 33 3 15 15 4
55 31 3 16 9 3
56 25 3 17 11 3
57 20 3 18 12 3
58 19 3
59 21 3
60 17 3
61 20 3
62 26 4
63 28 4
児童数及び学級数の変遷
学校沿革
明治
昭和















平成
7年 4月
 16年 4月
 22年 4月
 31年 4月
 37年 9月
 40年 8月
 41年 5月
 42年 4月
 43年 4月
 46年 4月
 47年 5月
49年12月
 50年 2月
     4月
 55年 5月
 57年 2月
 元年 3月
  5年 3月
    9月
  6年11月
  8年 5月
11月
10年10月
11年 2月
12年11月
 17年11月
企救郡道原村の楽庭に小学校を設立する。
小倉市道原国民学校と改称する。
小倉市立道原小学校と改称。(単式6学級)
校舎を全面改築する。
全校給食を実施する。
校区民奉仕により運動場を整地する。
児童数減により、1・2年複式学級となる。(全5学級)
児童数減により、1・2年、3・4年複式学級となる。(全4学級)
1学級増設許可(全5学級)
頂吉小学校がダムに沈むため、6人本校に編入する。
プールが新設される。
創立百周年記念式典実施。
百周年記念碑ができる。
複式3学級となる。(1・2年、3・4年、5・6年)
鉄筋新校舎落成式。
米飯給食が始まる。
新体育館が完成する。体育館落成式で「道原楽」をうつ。
卒業式の後、本校児童によって道原楽を初めてうつ。
ふるさと子供文化祭で道原楽をうつ。
全校スポーツ・レクリエーション祭スポレク北九州で道原楽をうつ。
かぐめよし少年自然の家体育館落成式にて道原楽をうつ。
伝統文化教育実践活動発表会「こども伝統文化まつり」にて、道原楽をうつ。
小倉南区連合音楽会で菅生の滝をテーマに「歌姫・熊彦物語」をつくり発表する。
伝統文化発表会で道原楽をうつ。
北九州へき地・小規模校教育研究大会・北九州市図画工作科教育研究大会を実施する。
北九州市へき地・小規模校教育研究大会を実施