学校概要     
  大里柳小学校の概要

     



学区・地域の特色

大里柳小学校は明治6年、大里本町海岸の番所跡に創設され、今年で141年目を迎える。 大里地域では、最も歴史と伝統のある学校である。校区は門司駅を中心に商店街で栄え、大里地区の中央に位置している。 南東には標高518mの戸ノ上山、北西に往来盛んな関門海峡を望み、海と山に挟まれたゆるやかな丘陵地にある。 校区は約4200世帯が在住し、住民の多くは本校出身者で愛校心が強く、学校への関心も強い。近年は、門司駅北口の開発により、新しい戸建の住宅やマンションが急激に増え、児童数が増加している。平成26年4月に新校舎が完成し、新たなスタートを切った。



学校の特色

本校は「SDGsの視点を基に大里柳小の特徴を活かしながら確かな資質・能力を獲得し、自ら学び続ける人間豊かな児童の育成」を学校教育目標に掲げ、目標の具現化に努めている。 そして、努力点として、「学び続ける学校」「地域に根差す学校」「文化を創造する学校」をめざし、家庭及び地域社会に開かれた特色ある学校づくりを中心に取り組んでいる。

教育目標

憲法、教育基本法等の精神及び学習指導要領の趣旨に則った公教育を推進し、生きる力を育み、心豊かな人間の育成を目指す教育の展開。
「北九州市の学校教育の願い」や「指導の重点」をふまえ、子ども、保護者、地域の願いに応える教育を推進。以上を念頭に置き教育目標を設定。

「SDGsの視点を基に大里柳小の特徴を活かしながら確かな、資質・能力を獲得し、自ら学び続ける人間豊かな児童の育成」
「友達が好き」「学校が好き」「地域が好き」「学ぶことが好き」「自分が好き」

☆やさしく 夢の語り合い、お互いを尊厳する子ども
       →自律・協働・創造の「種」

☆かしこく 仲間とともに価値あることを創造する子ども
        →協働・創造

☆たくましく  自ら問い直しながら粘り強くより抜く子ども
          →自律




研究主題

 ~夢を語り合い、仲間とともに価値あることを創造し、自ら問い直しながら
          粘り強くやり抜く大里柳っ子

校長室より  
沿革史  
ありし日の  思い出  
校歌  
学校経営方針  
各学年 年間学習計画  
 教科担任制の    取り組み  
 
   
 
     トップページに戻る