おはなしワールド


     読み聞かせボランティアの方が月に1度来校され、子どもたちにパネルシアターを使って
    読み聞かせをしていただいています。
    子どもたちも、この時間を楽しみにしています。
    また、子ども読書の日にも全クラスの子どもたちに、お話をしてくださいました。
 

 

 

4月23日(木)は、「子ども読書の日」でした。1時間は、各自で読書や担任の先生による読み聞かせ、2時間目から4時間目までは、学年に分かれて、「九州おはなしかご」「あすなろ子どもの本のつどい」の方に読み聞かせやブックトーク、パネルシアターをしていただきました。今年のテーマは「春・出会い」でした。情感溢れる朗読により、子どもたちは物語の世界に自然と引き込まれ、想像をふくらませるとてもよい機会となりました。目で読むことも大切ですが、頭の中に自分の絵本を描くこともとても大切な経験であると感じました。「どの学年も静かに一生懸命に聞いてくれました。」という感想をいただきました。


 

 年間活動
毎月の読み聞かせ
子ども読書の日
夏休み 平和教育
冬の人権「ベロ出しチョンマ」