HOME


     

日本語教室


帰国・外国人児童生徒教育センター校

 あやめが丘小学校は、北九州市帰国・外国人児童生徒教育推進協議会のセンター校です。
 校内には日本語教室があり、専任教員・日本語指導員が児童の在籍する学級担任と連携協力しながら、日本語指導を行っています。平成28年度、あやめが丘小学校で日本語指導を受けている児童は5名です。

 センター校について

 北九州市では、小倉中央小学校、あやめが丘小学校、光貞小学校、菊陵中学校、浅川中学校の5校がセンター校に指定されています。それぞれの学校には、帰国・外国人児童生徒教育専任教員が配置されています。


   日本語指導

 北九州市の日本語指導は、日本語初期指導が中心です。専任教員(教諭)または日本語指導員(中国語等の母語を話せる指導者)が教えています。週1〜4時間程度の取り出し指導・入り込み指導を行い、早く日本の学校生活に慣れるように支援しています。

  日本語指導の必要な児童生徒の北九州市の編入学手続きについて

 区役所市民課で登録たあと、区役所内にある「家庭・子ども相談コーナー」に行きます。その後、教育委員会での面接を経て、居住する地域にある学校、またはセンター校に通うかを選択します。詳しくは北九州市教育委員会指導第一課の担当者へお問い合わせ下さい。