TOPへ

学校経営方針

 
校訓
 英知  積極的・意欲的に自ら学びとる力を持つ生徒
 礼節  きまりを守り、礼儀正しく信頼される生徒
 錬磨  根気強く、豊かな心とたくましい身体を持つ生徒

学校教育目標
  「思いやりの心を持ち、心身ともに健康で、生き生きと輝く生徒の育成」
  (1)自らを律しつつ、きまりを守り、礼儀正しい生徒の育成を図る。
  (2)自らで課題を見つけ、自ら考え行動し、より良く解決する力を持った生徒の
     育成を図る。
  (3)健康な体と他人を思いやる豊かな心を育む生徒の育成を図る。
 
目指す生徒像
  (1)礼儀正しく、挨拶ができる生徒。
  (2)他を思いやり、いじめや差別のない、好ましい人間関係づくりができる生徒。
  (3)自学自習ができ、個性を伸長できる生徒。
  (4)進んで、清掃や奉仕活動ができる生徒。
 
目指す教師像
  (1)生徒理解の視点に立ち、生徒や保護者との好ましい人間関係づくりに努める教師。
  (2)人権教育の視点に立ち、いじめや差別のない学校づくりに努める教師。
  (3)教育公務員としての使命を自覚し、常に課題意識をもち、研修等を通して
     資質と指導力の向上に努め、生徒・保護者・地域から信頼される教師
     (時を守る 場を清める 礼を尽くす)
 
学校経営の重点項目
  「みんなで考え、みんなで取り組む、みんなでつくる足立中学校」
   ( 1 )豊かな体験を通じて、自己の生き方について考えを深める道徳教育
   ( 2 )確かな人権感覚を育み人権意識の高揚を図る人権教育
   ( 3 )自己実現を目指す生徒指導
   ( 4 )障害のある生徒一人一人の教育的ニーズに応える特別支援教育
   ( 5 )確かな学力の向上を図る指導の充実
   ( 6 )健康で安全な活力ある生活を送るための基礎を培う健康教育
   ( 7 )主体的に行動する力を育む防災教育
   ( 8 )キャリア教育
   ( 9 )情報教育
   (10)健全な心と体を育む部活動指導
   (11)小中一貫・連携教育の推進

平成29年度の最重点目標

  【大きな声であいさつできる生徒】

    部活動の生徒を中心にあいさつの輪を広げる

  【感謝の気持ちを持つ生徒の育成】

    ありがとうとごめんなさいが心から言える生徒の育成

TOPへ